洗脳

洗脳の手段はいろいろありますが、一番有名なものは中国共産党の行う洗脳です。共産党ではこれを洗脳とは呼びませんが。

洗脳とは強制力を用いて、ある人の思想や主義を、根本的に変えさせることです。

洗脳には変性意識状態を使います。つまり普通ではない意識状態に追い込む必要があります。それにはいろいろな手段が考えられます。疲労、睡眠不足、空腹、薬物などです。

情報を遮断し、変性意識状態にし、一つの思想を繰り返し入力します。

共産党は、集団で勉強会を行います。教育、パブリック・リレーションズ、説得、精神改革、再教育などの手法によって洗脳を行います。
まず彼らはこの洗脳を勉強会と呼び、洗脳される対象を生徒と呼びます。
毎日の勉強会では、「生徒」たちは、認罪作業を行います。
議論や討論は満場一致が繰り返し求められるため、まだ告白を済ませていないものは疲弊し、次第に自分自身が認罪を行ったかのように思い込みます。

2010年代から中華人民共和国は新疆ウイグル自治区の強制収容所で何十万人もの人間に対して組織的な「洗脳」「人格改造」を行っていると報じられています。
これには薬物も使われているようです。
実は洗脳は方法さえ知っていれば以外に簡単にできるのです。
薬物を使うもしくは肉体的、精神的ストレス下に置き、変性意識状態を作り出しその状態でできるだけ多くの入力情報を遮断します。
そしてその後入力したい情報を繰り返し与えるのです。
ただそれだけで人は洗脳されるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました