heart rate variability 呼吸法

英語を効率良く身につける為、
脳トレ、ニューロフィードバックをお勧めしています。

 

ニューロフィードバックのトレーニングの一つとして呼吸法

 

研究から平静時の呼吸回数が少ない人が健康度が高いことが分かりました。また心理療法でラポールという信頼関係を築くのに呼吸を合わせます。子供の呼吸と合わせるとその速さに驚かされることがあります。

 

呼吸は自分でコントロールできる自律神経系で唯一のものです。その重要性は古くから認識され、ヨガ、瞑想、座禅、多くの分野で重要視され体系化しています。そこから宗教色を省いたマインドフルネスにも呼吸法が重要視されています。

 

呼吸法は多種多様にあります。腹式呼吸がが良いとか、鼻から吸い、口で吐くとか・・どうも私は苦手で意識過剰になり、変な呼吸になり、呼吸困難になり苦しくなります。

 

呼吸の回数を減らすため、ただ深呼吸をするだけでも健康に良いのです。無理なく、時々思い出したように、体から力を抜き、深呼吸。それがフィジカルな面です。

 

つづいてメンタル面です。HRVではポジティブなエネルギーを加えるために、嬉しかった場面、好きな人を思い浮かべてください。それができなければ好きな食べ物でもいいです。嬉しい、愛おしい、思いをゆっくりとした呼吸時に思い浮かべると効果が増します。

 

嬉しくなるものには個人差があるので、あなたが一番好きな人の顔、ペットのふわふわ、とか自分のキーエレメントを見つけてください。

 

そのポシティブな思いを浮かべながら、ゆっくりと楽に呼吸してください。

するとエネルギーの浪費が抑えられ静かな力が湧いてきます。

 

どんな素晴らしいことでも学ぶだけでやらなければ、そして続けなければ何もなりません。一番大事なことは、とにかくやることです。多少間違った方法でも、自己流でも、ゆっくり呼吸、深呼吸を思い出したときにできたらポジティブな思いを込めてやりましょう。癖にしましょう。いい癖です。

ニューロフィードバックの詳しい情報はこちらから。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました