無料英語シャドウイング テキストとしてのTED マリファナは脳に悪いのか?

現在 マリファナの医療上での効果は 広く知られており、レジャー目的の喫煙まで合法化した国や 合法化しようとしている国々があります。

日本ではマリファナもヘビードラッグと混同視されています。しかし本当にマリファナは体や頭に悪いのでしょうか? マリファナは致死量のない唯一の薬物とも言われ、それほど毒性の低いものなのです。

しかし25歳以下のまだ脳が成長過程の人には脳の発育を阻害する可能性があります。年齢が低いとさらにその危険性が増します。

さらに マリファナは幻覚や 偏執性妄想を引き起こします。 「大麻誘発性精神障害」 として知られるこの症状は マリファナの使用を断つと 症状は たいてい治まります が治まらない人もいます。

 

大麻誘発性精神障害は 若い成人により多くみられますが 精神疾患というものは 一般的にこの年齢層で 表面化しやすいという事実に 注目する必要があります 若い成人の場合 精神疾患が マリファナを使用していなくても 発症したのか マリファナの使用が精神疾患を早期に 引き起こしたのか 使用により 超えることのない 限界点に達し 発症を誘発したのか あるいは マリファナに対する反応が 基礎疾患の存在を示唆しているだけなのか はっきりとしていません おそらく マリファナによる影響は 一人ひとり異なるでしょう 

年齢によらず 他の多くの薬物と同じように 脳と体は 何度も使用するにつれ マリファナに対して鈍感になり 同じ効果を得るのに より多くの量を 必要とするようになります 幸いにも 他の多くの薬物とは違い マリファナの過剰摂取により 死に至る危険性はありませんし 乱用したとしても衰弱したり 使用をやめても 生命に危険をもたらす 禁断症状もありません しかし 危険性の低い マリファナの禁断症状として 睡眠の妨げ イライラ うつ状態などがあります これらは使用をやめれば数週間以内に 消えるものです 

では マリファナは脳に悪いでのしょうか? 人によって異なります 同定しやすい危険因子がある一方 よく理解されていない因子もあり― つまり 既知の危険因子がないとしても 負の効果を経験する可能性が なおもあるということです 。

シャドウイングをやりましょう。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
オヤジ英語勉強法
スポンサーリンク
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました