ウエストボロ・バプティスト教会からの脱却 TED

熱狂的なカルト集団に中で育った子どもがいかにそこから抜け出したかの話しです。人を幸せにする為にある宗教が人を不幸にする事例の一つです。

幼い頃から植え付けられた考え方を変えるには大変な勇気が必要です。

I grew up in the Westboro Baptist Church.  Here’s why I left

他の人皆の悪魔化に歓喜する人々のグループの中で成長するのはどのようなものですか? Megan Phelps-Roperは、アメリカで最も物議を醸している教会内での生活の詳細を共有し、Twitterでの会話が彼女の退団の決定の鍵となった方法について説明しています。 この特別な講演では、彼女は極端な二極化の彼女の個人的な経験を、私たちがイデオロギーの境界を越えてうまく従事することを学ぶことができるいくつかの鋭い方法とともに共有します。

スピーカーについて

ミーガンフェルプス-ローパー・作家、活動家

ウェストボロバプテスト教会の元メンバーであるミーガンフェルプスローパーは、現在、過激主義、いじめ、対話における共感に関連するトピックに関する作家および教育者です。

概要

ウエストボロ・バプティスト教会、この小さな教会はGodHatesFags(神はホモが嫌い)といった、レスビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーといったLGBTの人々、ローマ・カトリック教会、ムスリム、ユダヤ人だけでなく、スウェーデン人、カナダ人、アイルランド人、イギリス人、メキシコ人、中国人、アメリカ人までも糾弾する多くのウェブサイトを運営しています。

初めてデモに参加したのは5歳の時でした。お母さんに人形をミニバンに置いてもらいました。私は、数十人の親戚に囲まれた、カンザスの湿度の高い街角に立っていました。小さな拳が、まだ読めない「ゲイは死に値する」というサインを握っていました。これが始まりでした。

私たちの抗議行動はすぐに日常的な出来事であり、国際的な現象となり、ウェストボロバプテスト教会の会員として、私は全国のピケラインに加わりました。

私の家では、人生は善と悪の間の壮大な霊的戦いとして組み立てられました。善は私の教会とその会員であり、悪は他のすべての人でした。私の教会の嫌悪感は、私たちが常に世界と対立しているようなものでした。野球の試合から軍の葬式まで、私たちは抗議のサインを手に全国を周り彼らがどれほど「汚れている」か、そしてなぜ彼らが天罰に向かっているのかを正確に伝えました。これが私たちの人生の焦点でした。

そんな世界から抜け出すきっかけ、そしてその後の思いの変化。

彼女の話は続きます。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました