睡眠の役割 アルツハイマー病との関連 睡眠不足はアルツハイマー病の原因?

誰もなぜ睡眠が必要なのかその役割について知りません。しかしその答えが見えてきたようです。睡眠がなぜ重要なのか、そして睡眠とアルツハイマー病の関連性について掘り下げます。

One more reason to get a good night sleep

脳は体の全エネルギー供給の4分の1を使用しますが、体の質量の約2パーセントしか占めていません。 では、このユニークな臓器はどのようにして重要な栄養素を受け取り、おそらくもっと重要なことの老廃物除去をするのでしょうか? 新しい研究は、それが睡眠に関係していることを示唆しています。

スピーカーについて

ジェフ・イリフ・神経科学者

ジェフ・イリフは、脳のユニークな機能を探求する神経科学者です。

概要

睡眠。それは私たちが人生の約3分の1を費やしていることですが、私たちの誰かがそれが何であるかを本当に理解していますか?

睡眠は、実際には、脳の最も基本的なニーズのいくつかに対する一種のエレガントなデザインソリューションであり、脳が体の他のすべての臓器とは一線を画す高い要求と狭いマージンを満たすユニークな方法であることがわかりました。 

すべての臓器が解決しなければならない最初の問題は、体のすべての細胞に燃料を供給するための栄養素の継続的な供給です。脳では、それは特に重要です。脳は体の質量の約2%しか占めていませんが、その激しい電気的活動は体の全エネルギー供給の4分の1を消費します。したがって、循環器系は、血管を送って栄養素と酸素を体の隅々まで供給することにより、栄養素の供給の問題を解決します。

現在、すべての細胞が燃料を供給するために栄養素を必要とするように、すべての細胞も副産物として老廃物を生成し、その老廃物の除去は各臓器が解決しなければならない2番目の基本的な問題です。この図は、このニーズを満たすために進化した体のリンパ系を示しています。これは、体全体に広がる血管の2番目の並列ネットワークです。細胞間の空間からたんぱく質などの老廃物を取り込み、集めて血液中に捨て、廃棄できるようにします。

しかし、頭を拡大すると、脳にリンパ管がないことがわかります。しかし、それはあまり意味がありませんね。つまり、脳はこの非常に活発な器官であり、それに応じて大量の老廃物を生成し、効率的に除去する必要があります。それでも、リンパ管が不足しているため、体の残りの部分が老廃物を取り除くために取るアプローチは、脳では機能しません。

では、脳はどのようにして老廃物除去の問題を解決するのでしょうか?

脳には脳脊髄液と呼ばれるこのきれいで透明な液体の大きなプールがあります。それをCSFと呼びます。脳脊髄液は脳を取り巻く空間を満たし、脳内からの老廃物は脳脊髄液に排出され、脳脊髄液は老廃物と一緒に血液中に排出されます。

そういう意味では、リンパ系のようですね。しかし、興味深いのは、脳内からの体液と老廃物が、これらのCSFのプールにランダムに浸透するだけではないということです。代わりに、このプロセスを整理して促進する配管の特殊なネットワークがあります。

あなたはこれらのビデオでそれを見ることができます。ここでも、生きているマウスの脳を画像化しています。左側のフレームは脳の表面で何が起こっているかを示し、右側のフレームは組織自体の中で脳の表面の下で何が起こっているかを示しています。血管に赤のラベルを付け、脳を取り巻くCSFは緑になります。さて、私たちが驚いたのは、脳の外側の液体が外側に留まらなかったことです。

そしてその作業は睡眠中に起こるのです。

さらに老廃物にはアルツハイマー病と関連すると見なされているアミノイドベータが多く含まれます。

彼の話は続きます。

深い睡眠のことをデルタ波睡眠と呼びます。

脳波測定でデルタ波が半分以上を占める睡眠をそう呼ぶからです。

年齢を重ねるとデルタ波の発生が少なくなります。

脳のスピードは低下していくのに一番遅いスピードの脳波が減るとは逆説的です。

デルタ波の発生を促進させるために私はディープステート・トレーニングを行います。

これは脳波を使う脳トレのトレーニングの一つです。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
スポンサーリンク
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました