悪習慣を断ち切る方法 マインドフルネス TED

禁煙や禁酒、過食、悪い習慣から抜け出す簡単な方法を提示しています。

本気で何かを止めたい人は試してみてはいかがでしょう。

A simple way to break a bad habit

悪い習慣を好奇心を使って壊すことはできますか? 精神科医のジャドソンブリューワーは、マインドフルネスと依存症の関係を研究しています。喫煙から過食まで、私たちにとって悪いことはわかっていても、止められません。 習慣の発達のメカニズムについて学び、運転中の喫煙、間食、またはメールチェックしたいという衝動に打ち勝つのに役立つ可能性のある、シンプルでありながら深遠な戦術を発見してください。

スピーカーについて

ジャドソンブリューワー・マインドフル依存症の医師

精神科医で依存症の専門家であるジャドソンブリューワーは、あらゆる種類の渇望を効果的に鎮めるのに役立つマインドフルネステクニックを研究しています。

概要

私が最初に瞑想を学んだとの指示は単に私の呼吸に注意を払い、私の心がさまよったとき、それを戻すということでした。

簡単そうに聞こえます。しかしなかなか上手く行きません。なぜ注意を払うのが難しいのでしょうか。まあ、研究によると、私たちが本当に何かに注意を向けようとしているときでさえ-おそらくこの話のように-ある時点で、私たちの約半分が空想にふけるか、メールをチェックしたいという衝動に駆られます。

では、ここで何が起こっているのでしょうか。私たちは、現在科学で知られている最も進化的に保存された学習プロセスの1つと戦っています。

この報酬ベースの学習プロセスは、ポジティブおよびネガティブ強化と呼ばれます。私たちの習慣はこの学習プロセスによります。

私の研究室では、マインドフルネストレーニングがこの習慣を破り、人々の禁煙に役立つかどうかを研究しました。さて、自分の呼吸に注意を向けさせようとするのと同じように、彼らは自分たちに禁煙を強いることができました。そして、彼らの大多数は以前にこれを試し、失敗しました-平均して6回。

好奇心と気付きに基づたマインドフルネストレーニングがいかに効果的であるかの話しが続きます。

私たちの喫煙者の例です。彼女は喫煙に注意を払うと、「臭いチーズのようなにおいがし、化学物質のような味がする、YUCK!」と言いました。今、彼女は喫煙が自分にとって悪いことを認識して知っていたので、彼女は私たちのプログラムに参加しました。彼女が喫煙したときに不思議なことに気づいただけで彼女が発見したのは、喫煙はひどい味がするということでした。

脳のトレーニング法のニューロフィードバックもこの学習プロセスを使います。ポジティブ強化です。

良い脳波に褒美を与えることでそれを増やします。良い脳波が増えると脳がよく働きます。頭が良くなるのです。頭が良くなるとできることが増え笑顔が増します。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
スポンサーリンク
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました