母親が世界をつくる 母のいない偉人はいない TED

母親が政権を握って世界を動かせば戦争が減り世界が今よりはるかに平和になりそうです。イスラム圏では未だに女性の権利が認められてなかったり、本気で女性が男性より劣ると考えている人がいます。

少し前までは自閉症の原因が母親の愛情不足と信じられていて彼女は不当にも冷蔵庫ママと呼ばれていました。

黒人の母親はさらに人種差別も重荷も加わってされなる悲劇を生んでいたようです。驚くべき事実です。

How moms shape the world

母親は間違いなく歴史に影響を与え、歴史を形作っていますが、社会学者で作家のアンナマライカタブスによると、母親の話はしばしば省略されたり、誤って伝えられたりします。 この消去は、母親と社会における母親の重要な役割を支援するための政策を制限します。 アルバータ・キング、ルイーズ・リトル、ベルディス・ボールドウィン(それぞれマーティン・ルーサー・キング・ジュニア、マルコムX、ジェイムズ・ボールドウィンの母親)の素晴らしい人生を引用して、タブスは文化レベルで母性の視点をより良いものに変える必要性を強調しています。

 「私たちの最初のリーダー、世話人、教師としての母親の存在、力、影響力を考慮していたら今日の世界は違うものになってのでしょうか?」 彼女は尋ねます。

スピーカーについて

アンナ・マライカ・タブス・社会学者、作家

アンナマライカタブスは、人種、性別、公平性に関する現在および過去の理解に関する学際的な専門家です。

概要

毎年1月15日世界は偉大なマーティンルーサーキングジュニアの誕生を祝います。しかし、彼の母親は全く注目されません。まるでMLKジュニアが自分自身を誕生させたかのように。

私は彼が生まれた場所を見学しました。その時ツアーガイドの台本に不満を感じていました。もちろん、MLKジュニアはほとんどの物語の中心であり、その後、彼の父親であるマーティンルーサーキングシニア牧師についての話がありました。しかし、私を苛立たせたのは、母親のアルバータクリスティンウィリアムズキングに全く注意が払われていなかったことです。

米国の母親は、多くの話の中で、しばしば誤って伝えられたり、完全に除外されたりします。私たちの社会で母親が果たす重要な役割を取り巻く理解の欠如につながり、母親への支援の欠如につながっていると私は信じています。文学やメディアの両方でも母親が重要視されません。

米国ではまだ普遍的な育児休暇、手頃な育児を確立しておらず、妊産婦死亡率の危機に直面しており、パンデミックの結果として多くの母親が労働力を離れざるを得ないことは驚くべきことです。

母親を意図的に中心に置くことで、私たちは母親の生活をより良くすることができるだけでなく、実際にすべての人の生活をより良くすることができると彼女は考えます。

彼女の話は続きます。

母親の愛情が足りないと脳の発達が遅れることも分かっています。

母の大きな愛が偉人を作る。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
スポンサーリンク
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました