刑務所に埋もれている才能を拾う TED

アメリカでは多くの人が刑務所に収監されています。その多くは貧困がもたらしたものです。収監者の中に埋もれる素晴らしい才能や考えを無駄にしない方法があるべきだと彼女は言います。

さらに一歩を踏み出し、収監そのものの意味を考える時期が来ているように思えます。労役を科すとか罰金を払うとか別の手段で罪は償うべきではないでしょうか?

A vision of sustainable liberation for justice-impacted people

誰かが刑務所から解放されても、自由の旅は終わりません。 多くの点で、それは始まりです。 弁護士であり起業家でもあるブリタニーK.バーネットは、優れた人々を刑務所から解放するために戦い、不運な人々の創造的な創意工夫を取り戻し、育てています。

スピーカーについて

ブリタニー・K・バーネット・弁護士、起業家、作家

ブリタニーK.バーネットは、希望、正義、自由の交差点で活躍するベストセラー作家、弁護士、起業家です。

概要

クリスは22歳の若さで麻薬取引の逮捕から仮釈放なしの終身刑に服するようになってから10年近くになりました。クリスと私は、多くの共通点があります。私たち二人とも大きな夢があります。私たち二人には、麻薬中毒に苦しむ母親がいます。クリスは2回の薬物事前確率の結果として終身刑を宣告され、合計薬物量は3グラム未満でした。

クリスのパッケージの中には、彼のお気に入りの本がいくつかありました。トピックは、量子物理学から哲学、歴史、コンピュータープログラミングにまで及びました。

刑務所で、クリスは1台のコンピューターにもアクセスせずにコーディングする方法を独学で学びました。彼の若い心は人工知能と経済学によって刺激されました。彼の独房は小さかったかもしれませんが、彼の夢は大きかったです。

彼のノートと本のほぼすべてのページのマージンに書き込みがしてありました。そして、クリスの最大の夢である、クリスが18歳のときに21歳で自殺した兄のロバートのような自殺を防ぐための画期的なメンタルヘルスアプリのデザインが明確に概説されました。

クリスの天才性が滲み出ているページを見て、それは私の息を呑みました。彼は私の起業家精神を刺激しました。そして彼をどのように手助けできるかについて考え始めました。クリスのような例は特別です。しかし、私たちの社会はそれを無価値だと考えていました。

彼女の話は続きます。

重犯罪者の脳を調べるとその多くに前頭前野異常が見られるそうです。

脳のブレーキの役目を担う部分が正しく機能していないのです。

彼らに必要なのは収監ではなく治療なのです。

カナダのオンタリオ刑務所で収監者の大多数に脳トレーニングをしたところ再犯率が大きく減少しました。

そのトレーニングがニューロフィードバックでした。

これは担当した収監者が同じ収監者に行ったもので簡単なSMRトレーニングでした。

SMRトレーニングとは12ヘルツから15ヘルツの脳波を感覚運動野で増幅させるトレーニングです。これは最も基本的なニューロフィードバックのトレーニングです。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
スポンサーリンク
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました