バーチャルアシスタントの未来 TED

私はグーグルホームを使っています。夜中に起きた時、時間を訊きます。

インスタントラーメンを準備するときに3分後を教えてもらいます。

朝暗い内に今日の天気を訊きます。時々音楽を流します。それぐらいしか使いませんが、時々何かに反応し急に話し始めて驚きます。

Siri, Alexa, Google … What comes next

SiriからAlexa、Googleに至るまで、バーチャルアシスタントはすでに私たちの生活に浸透しています。 これらのデジタルヘルパーの次世代はどうなっているのでしょう? カスタマーエクスペリエンスの専門家であるKarenLellouche Tordjmanが、彼らがどこに向かっているのかを垣間見せてくれます。そして、真にスマートな音声アシスタントの新時代を切り開くためにエンジニアが取り組む必要のある2つの重要な課題を分析します。

スピーカーについて

Karen Lellouche Tordjman・カスタマーエクスペリエンスプロ

Karen Lellouche Tordjmanは、BCGのマネージングディレクター兼パートナーです。

概要

月曜日の朝です。音声アシスタントから音声通知を受け取りました。

おはようございます。お気に入りのお店で新しいパンツが販売されています。先週、スマートグラスを着用しているときに、同僚の着ていた同じようなパンツに惹かれましたね。木曜日のパーティーに着てみませんか? そのためには明日の夜は映画をスキップして予算に余裕を持たせることをお勧めします。 

「はい」と言って購入を確認します。あなたのホストへの贈り物も見つけるべきかどうか教えてください。私はあなたの予算と彼女の公開Instagramプロフィールに基づいて提案をすることができます。続行するには「はい」と言ってください。

こんな感じはどうですか? ワクワクしますかそれとも怖いですか? これが私たちの未来になりそうです。働く母として、私はそれがエキサイティングだと思います。 

Google検索、Amazonのスクロール、予算の計算、スケジュールの最適化に時間を浪費しなくても済みます。スリル満点なのは、私のニーズや要望に特に応えるコンパニオンがいるという見通しです。想像してみてください。心拍数を使ってスターバックスの注文を微調整し、カフェインを減らすなどのことができます。それは私の昼食と私が私のためにトレーニングを調整するために歩いた歩数を考慮に入れることができます。友達のスマートアシスタントと連携して、みんなの予算、カレンダー、場所に合った夜の計画を立てることもできます。

彼女の話は続きます。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました