インターネットブリーイング 炎上 TED

出る杭は打たれる。

有名になると妬む人がいる。

人の不幸は蜜の味。

悪口が好きなのは誰にでもある人間性なのか?

炎上なる言葉がよく聞かれる昨今。

自殺者まで現れる世の中。

何かがおかしい。

実際に被害に会った彼女の話しを聴きましょう。

How to protect your mental well-being online – from a Gen-Zer

フォロワーが1人であろうと100万人であろうと、ソーシャルメディアでの不快感や悪意のある表現を誰もが一度は目にしたことがあります。 YouTubeコンテンツの作成者であり、メンタルヘルスの担い手であるPeachy Livは、より親切で、より敬意のあるデジタル世界を提唱しています。そして、オンラインで考えを共有する前に、私たち全員に再考するよう促しています。 ネットいじめに対処するための彼女のヒントと、インターネットをより安全な場所にする方法についての個人的な洞察を聞いてください。

スピーカーについて

Peachy Liv・教育コンテンツクリエーター兼U-Reportアンバサダー

Peachy Livは、インドネシア出身の18歳の活動家兼コンテンツクリエーターです。

概要

私が12歳のとき、100万人の若者に、本来あるべき学習のあり方と現実とのギャップを埋めることができると伝えることを夢見ていました。私のすべての友人は、最高の成績を獲得するために競争するためにプレッシャーから学校に行きました。それは、彼らの自尊心を成績に依存させ、不正行為と嫌悪をもたらしました。

本来学校は内からの好奇心から学ぶことを奨励し、やりがいがあり、楽しく、自己達成的で協力的であると感じる教育を受ける権利のために、若者たちに戦ってもらいたいと思ったからです。

オンラインで一度に何百万人もの人々にリーチできることに気付くと、それを実現することは超大国を見つけるように感じました。それが私が教育コンテンツの作成者およびチェンジメーカーとしての旅を始めたときです。

ところがあなたがオンラインで強い声を持っているなら、特に若い人として、そして特に世界を変えようとしている人として、確かに反発があります。人々はあなたをノックダウンしようとします。たとえば、私がよく話したことの1つは、インドネシアの学生が留学する可能性です。

もちろん、それは私が自分で留学することでそれが可能であることを証明することを人々が期待していたことを意味し、私は本当に望んでいました。カナダの夢の大学に入学しましたが、出席するのに必要な奨学金をもらえませんでした。

そして、「なぜカナダにいないの? だから夢を見すぎてはいけないのでは?」などとオンラインで投稿が続くと、恥ずかしくて不安になりました。ソーシャルメディアのフォロワーが1人であろうと、100万人であろうと、おそらくこの気持ちを知っているでしょう。

彼女の話は続きます。

彼女は炎上の防ぎ方の提案をしていきます。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました