再生医療の今 TED

失った手足が生えたら、再生できたら、医療の世界が変わります。

手足だけでなく痛んだ臓器も交換できたらどうなるのでしょう。

死すら逃れられるようになるのでしょうか?

The potential of regenerative medicine

アラン・ラッセルは、再生医療を研究しています。これは、体が自分自身を再建するように信号を送ることができるプロセスを使用する病気や怪我についての画期的な考え方です。

スピーカーについて

アランラッセル・医療未来派

病気、欠陥、怪我との戦いにおいて、アラン・ラッセルは新しい議論をしています。病気のものに取って代わる新しい組織や臓器を設計してみませんか?

概要

再生医療は、誰もが理解できる非常にシンプルな概念です。それは単に体が臨床的に適切なタイムスケールに自分自身を癒すペースを加速しているだけです。

再生医療は。装置や薬などで症状を改善する代わりに、失われた身体の機能を再生するという考え方です。臓器や損傷した組織の機能。そのため、治療の終了時に、あなたは治療の開始時と同じになります。

私たちが豊かであるほど、長生きします。そして、私たちが長生きするほど、医療費が嵩みます。

このビデオは、手足を再成長させるイモリです。イモリがこのようなことをすることができるのなら、なぜ私たちはできないのでしょうか?

私たちが再生医療で話しているのは、体のすべての臓器系、組織、そして臓器自体でこれを行うことです。今日の医療の現実は、私たちが病気になった場合、あなたの症状を治療するということであり、あなたは新しい生き方に適応する必要があります。

哺乳類の胎児は、妊娠の初期に手足を失った場合、その手足を再成長させます。したがって、私たちのDNAには、この種の創傷治癒メカニズムを実行する能力があります。それは自然なプロセスですが、私たちが年をとるにつれて失われます。

子供の場合、生後約6か月になる前に、事故で指先を失った場合、指先が再び成長します。彼らが5歳になるまでに、彼らはもうそれをすることができなくなります。

体との会話をするためには、体の言語を話す必要があります。そして、私たちのツールボックスには、今日これを行うことができる特定のツールがあります。体と会話するためのこれらのツールの3つの例を紹介します。

彼の驚くべき話は続きます。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました