音楽配信の新しい形 TED

カウチサーフィングという言葉を聞いたことがありますか?

他人を家に泊めたことがありますか?

日本の家は狭く住宅事情も関連していそうですが、他人を家に泊めるどころかお茶に招待することもあまりありません。

The art of asking

人々に音楽の代金を払わせないでください、とアマンダ・パーマーは言います。 大道芸人としての日々から始まる情熱的なトーク(8フィートの花嫁の帽子に1ドルを落とす!)で、彼女はアーティストとファンの新しい関係を調べます。

スピーカーについて

アマンダパーマー・ミュージシャン、ブロガー

オルタナティブロックのアイコンであるアマンダファッキングパーマーは、デジタルコンテンツが自由に共有できるという事実と戦うべきではないと考えており、アーティストはファンによって直接サポートされる可能性があり、サポートされるべきであると示唆しています。

概要

私はいつも音楽で生計を立てているわけではありません。立派なリベラルアーツ大学を卒業してから約5年間、これが私の日常の仕事でした。

私は8フィートの花嫁と呼ばれる自営業の生きた銅像でした。私は仕事のためにこれをしたことを人々に伝えるのが大好きです。なぜなら、誰もが実生活でこれらのフリークが誰であるかを常に知りたがっているからです。

ある日、私は自分自身を白く塗り、箱の上に立ち、帽子や缶を足元に置き、誰かがやって来てお金を落としたとき、私は彼らに花を渡しました-そしていくつかの激しいアイコンタクト。そして、彼らが花を受け取らなかった場合、私は悲しみと憧れのジェスチャーを投げかけました-彼らが立ち去ったとき。

だから私は人々、特に何週間も誰とも話をしていなかったように見える孤独な人々と最も深い出会いをしました、そして私たちは街の通りで長いアイコンタクトが許されるこの美しい瞬間を得るでしょう、そして私たちは少し恋に落ちたのです。そして、私の目は、「ありがとう。私はあなたを見ています」と言うでしょう。そして彼らの目は「誰も私を見たことがない。ありがとう」と言うでしょう。

その間、私は地元をツアーし、バンドのドレスデンドールズと一緒にナイトクラブで遊んでいました。曲を書いた結果、銅像をやめるのに十分なお金を稼ぎ始めました。ツアーを始めたとき、私はそれが大好きだったので、人々との直接的なつながりの感覚を失いたくありませんでした。

私はカウチサーフィンをたくさんしました。マイアミでのこと、私たちのカウチサーフィンのホストが18歳の女の子であり、彼女の家族はす​​べてホンジュラスからの不法移民であることがわかりました。

その夜、彼女の家族全員がソファに寝て、私たちが彼らのベッドを使えるように彼女は母親と一緒に寝ました。そして朝、お母さんがトルティーヤの作り方を教えてくれて、聖書をくれました。

彼女は私をわきに連れて行って、拙い英語で「あなたの音楽は私の娘をとても助けてくれました。ありがとう。ここに滞在してくれてありがとう。みんなとても感謝しています。」

彼女の話は続きます。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
スポンサーリンク
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました