無料リスニング教材としてのTED利用 フォードが考える車の未来社会

オヤジ英語勉強法

CO2二酸化炭素の問題が取りざたされています。しかしこれから更に世界人口が増え、車の数が増すと、たとえそれ等が全て電気自動車で排気問題が無かったとしても渋滞の問題は解決しません。

フィリピンのマニラや中国の北京ではすでに渋滞問題が大きくなっています。

未来の車社会をフォードが考えます。

A future beyond traffic gridlock

ビルフォードは車の男です-彼の曽祖父はヘンリーフォードでした。そして彼は巨大なフォードモーター社の中で育ちました。それで彼が環境への車の影響と私たちの成長する世界的な渋滞問題について心配するとき、それは聞く価値があります。 モビリティの未来に対する彼のビジョンには、「スマートロード」、さらにスマートな公共交通機関、かつてないほどグリーン化が含まれています。

スピーカーについて

ビルフォード・フォードモーター株式会社エグゼクティブチェア。

フォードモーターカンパニーのエグゼクティブチェアとして、ビルフォードは世界を動かしている会社を率いています。

私の曾祖父はヘンリー・フォードであり 母方の曾祖母は ハーベイ・ファイアストーンなのです。 ですから私が生まれたとき とても期待されていたのかもしれませんね。 曾祖父ヘンリー・フォードは 人々の生活を改善し 自動車を一般の 人々の手の届くものにすることが フォード社の使命だと信じていました。 移動の自由が 自由と進歩をもたらす と信じていたのです。 わたしも同じ信念を持っています。

もう一つの思いは環境についてです。 ヘミングウェイが釣りをしたミシガンの川に 少年時代よく釣りに行ったものです。 このことは後に書いたのですが 年月がたち 本当に残念な 衝撃を受けました。 大好きだった小川や ホタルが沢山飛んでいた あの野辺に足を運んでみると ショッピングモールやマンションが立ち並んでいました。 当時若かったですが 考え込みました。 基本的な環境保全の概念が 私の心に深く刻み込まれたのです。

高校生の時にソローや アルド・レオポルド エドワード・アビーを 読み始めました。そして自然界への畏敬の念を 育てたのです。 けれど私の自動車やトラックに対する思いは 自然と相容れない可能性があることに 気がつかなかったんです。 大学に行くまで 気がつきませんでした。

 ですから大学で授業をとり 沢山の教授がフォード社や私の家族が 環境にとって悪だと 発言するのを聞いたときどれだけ驚いたか 想像できるでしょう。 彼らは自動車業界が進歩より 利益に興味があると考えていたのですね。 そして空に煤煙をまき散らしている。 率直に言って私たちは敵同士でした。

正しいことかどうか 真剣に悩みましたが卒業後 フォード社に入社しました。 会社をどのように変化させられるか 実際に取り組んでみたかったのです。 30年たった今振り返ると 甘かったかもしれませんが とにかくやりたかったのです。そして大学の教授達が完全には間違えて いなかったことに気がついたのです。

 実際デトロイトに戻ってみると 業界や私自身の会社にとって 私の環境に関する学びは 歓迎されませんでした。 今でも興味深いやりとりを 思い出します。 当時フォード社には 環境保護なんてばかげたことは消え去るべきで 私も環境保護を口にするおかしな奴らと 出かけるのをやめる必要があると 信じているグループがありました。

 私は過激派だと思われていたようで 経営陣に呼びつけられて 環境テロリスト達とつきあうのをやめなさい と言われたことを忘れません (笑)。 もちろんそんなつもりは無かったのですが 環境についてずばずば意見し続けました。 それは私たちが現在 持続可能性と定義しているものでした。 やがて私の意見は物議を醸すものから 世論とも言えるものになりました。 言い換えれば業界で働く人々が 環境とうまくつきあっていく必要を理解したのです。

彼の話は続きます。 

人口問題を考えれば 現在の交通システムが 将来機能しなくなるのは明らかです。 率直に言って車がクリーンになったところで 路上の40億台は40億台なのです。 排出ガスがなくても交通渋滞は 交通渋滞なのです。

 もし私たちが何もしなければ 将来はどのようになるでしょうか? 皆さんは既に想像できていると思います。 交通渋滞は問題の一つでしかありません。 非常に不便で迷惑な話ですが それだけの話です。

 より大きな問題は そのような世界的な渋滞が 経済成長を押さえ込むだけでなく 食料や医療サービスが 都市部に住む人々に届くのを 困難にすることです 私たちの生活の質が危険に晒されます ではどのように解決できるか・・

スカイプ英会話レアジョブ講師 Pring ランキング評価 2点

今日のレアジョブ英語講師はプリングです。彼女はタルラク (Tarlac City)に叔父と叔母と3人で暮らしています。両親はすでに亡くなっています。タルラック市は、フィリピン北部ルソン島にあるタルラック州の州都です。

今のタルラックの天気は東京と同じ曇りだそうです。

ペットも無く、3人だけでは寂しそうです。フィリピンでは家族は多い方が楽しいと言われています。

彼女の趣味は漫画とアニメです。最近のお気に入りは「鬼滅の刃」と「進撃の巨人」です。

彼女はレアジョブで朝の時間だけ日に3~4人の生徒を取ります。その後は学校の先生です。学校はミッション系でTarlac Living Faith Academyです。

彼女は牧師の資格も持っているようです。熱心な信者です。学校の授業はオンラインだから家でそのまま働きます。

最近は日曜礼拝もオンラインだそうです。Zoomを使います。

彼女はギターを弾きますが嗜む程度で初心者です。

練習すると指が痛くなると言うのでウクレレを勧めました。

本当かどうか少し怪しいですが、ぜひやってみたいと言っています。

会話中に犬の鳴き声が聞こえてきました。

隣の犬だそうです。

講師のランキングの為の評価  得点 2点

良い普通悪い
ビデオ
発音(訛り)
ヴォキャブラリー
写真
性格(相性)

良いが1点、普通が0点、悪いがー1点

スカイプ英会話でフリーカンバセーションをし、ヴァーチャル一人旅を演出し、旅先での出会いという設定で会話を始めましょう。

スカイプ英会話レアジョブの始め方はこちら。

英語を学ぶのではなく、使うことで身に付けよう。

スカイプ英会話でフリーカンバセーション。

シャドウイングでペラペラ。

TEDでシャドウイング。

こうやって単語力を身につけよう。

原書を読んで語彙を増やそう。

脳科学的アプローチでお金をかけず、

使えるツールとしての英語を身に付けましょう。

スカイプ英会話でフリーカンバセーションをし、ヴァーチャル一人旅を演出し、旅先での出会いという設定で会話を始めましょう。

スカイプ英会話レアジョブの始め方はこちら。

英語を学ぶのではなく、使うことで身に付けよう。

スカイプ英会話でフリーカンバセーション。

シャドウイングでペラペラ。

TEDでシャドウイング。

こうやって単語力を身につけよう。

原書を読んで語彙を増やそう。

脳科学的アプローチでお金をかけず、

使えるツールとしての英語を身に付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました