アフリカのメンタルヘルス TED

「暗黒大陸アフリカ」と言う言葉を覚えています。最近注目され始めているアフリカ、私たちはまだ知らないことばかりのようです。恐ろしい気もしますが、一度は行ってみたいところです。

A new way to help young people with their mental health

TEDフェローのトムオズボーンは、より多くの若者が必要なメンタルヘルスサポートを受けられるようにしたいと考えています。 彼と彼のチームは、シャミリ研究所とともに、18〜22歳の人々を訓練して、100万人に2人の臨床医しかいないケニアの仲間にエビデンスに基づいたメンタルヘルスケアを提供しています。 彼らのコミュニティファーストの若者向けモデルが、世界中の子供たちが成功した独立した生活を送るのに役立つテンプレートになる方法を聞いてください。

スピーカーについて

トム・オズボーン・メンタルヘルスイノベーター

TEDフェローのトムオズボーンは、ケニア全土の若者のメンタルヘルスの改善に取り組んでいます。

概要

世界中、特に私の母国であるケニアのような資源の少ない国では、メンタルヘルスの問題により、若者が自立して成功した生活を送ることができません。

私は小さなサトウキビ農場で生まれ育ちました。私の初期の思い出のいくつかは私の弟の思い出であり、私は歩き回ってサトウキビを所有しているふりをしました。しかし、これらの思い出のほとんどは実際には学校からのものでした。私の両親、特に私の母は、私が彼らが出来なかった教育と成功への道を私に与えるために彼らがどれだけ犠牲にしたかを私が知っていることを確認しました。彼らは、犠牲が大変大きいことを非常に明確にしました。彼らを失望させる余地はありませんでした。失敗の余地はありませんでした。

12歳の時、地元の小学校の寄宿舎に引っ越しました。ここでは、午前4時起床、朝食前に一連の数学の問題を解きます。夜は科学の問題を解決してから寝ります。時には11時以降になります。

高校では、プレッシャーはさらに高まります。早朝から深夜までのルーチンは、土曜日と日曜日のクラスによって補完されました。この圧力鍋システムが私自身と私の周りの人々に及ぼした個人的、感情的、行動的な犠牲に気づき始めたのはここ高校でした。

人生はあなたに喜びを与えることをすることにほとんど興味も喜びもありませんでした。人生は絶えず落ち込んでいて、絶望感の重みで押しつぶされていました。それが人生でした。

現在の研究によると、ケニアの青年のほぼ50パーセントがメンタルヘルスの問題に苦しんでいます。そして、人口の半分が19歳以下であるこのような若い国では、若者のメンタルヘルスが今や緊急の公衆衛生上の優先事項になっています。

彼の話は続きます。

佐藤 譲

佐藤 譲
ニューロフィードバックのパイオニア
日本にニューロフィードバックを紹介し学会創設しました。
20年間数千人のトレーニングをしてきました。
ニューロフィードバックを教えてもいます。

佐藤 譲をフォローする
広めたい情報
スポンサーリンク
佐藤 譲をフォローする
発達障害克服

コメント

タイトルとURLをコピーしました